こころの目。こころの道。

思いもよらぬできごとが、想像もしないタイミングで、目の前に立ち昇り、前に進む勇気を与えてくれることがあります。2017年の1月。ユニットを組むメンバーで、西日本~九州ツアーに出かけました。ツアーに出発する前。このツアーが、我が身の役目を気付かせる機会になる・・・そんなメッセージに似た思いが、押し寄せました。各地で、展示会とライヴを行い、ツアーは無事に終わりました。それから数ヵ月後・・・佐賀県有田町・有田焼の窯元のご夫妻が、僕の詩作品に感銘を受けられ、有田焼の陶板に仕立て、ご家族の墓碑に飾られたことを知りました。僕の詩づくりの意味、その向かうべき道を教えられた思いでした。こころの目に導かれ、こころの道を進む覚悟をいただいた体験です。いつの日か、あなたのこころにも届くことを祈って。言葉を紡ぎ続けます。次回は3月11日頃に😊)