◆よわねこ隔週刊詩◆ ~ほぼ隔週水曜日に配信~

(#18/1114)

 

「比べているのは誰ですか」

 

桜は梅と競うでしょうか。

雀は鷹に憧れるでしょうか。

ライオンはピューマに嫉妬するでしょうか。

英知は比べるためではなくて。

そんな事実を知るためのもの。

強さは打ち負かすためではなくて。

そんな事実を受け入れるためのもの。

すべては唯一で正しくて。

すべては等しく尊いのだと。

比べているのは誰ですか。


(『ふと舞い降りた無色の言の葉』より)

(バックナンバーはこちら)

ようこそ詩作家 古屋利幸のオフィシャルサイトへ。   

(本サイトは、古屋のサポートチーム「office YOWANECO」が運営・管理しております)

トピックス 2018

5月

さだまさしさんのコンサートツアースタート! 会場前ではグッズを一般販売。担当したプログラムをどなたでもご購入いただけます~(^^♪(会場によって異なる場合がございます)

3月

 

 

さだまさしさんのコンサートツアープログラムのクリエイティブ・ディレクターを、今年も担当することになりました。2018年はデビュー45周年のメモリアルイヤー。ファイトします!

 

1月

2017大晦日~2018元旦へ。さだまさしさんのカウントダウンコンサート&「年の初めはさだまさし」(NHK)の取材を担当(^^ゞ。

 

イベント情報 2018

 

12/8(金)~9(土) ギャラリーイベント『こころの波 ひかりの和』(樋口文庫/港区虎ノ門)
08/10(金) トークセッション  いきるのヒント ~達人たちから受け取ったメッセージ~chaabee/江東区・門前仲町)
06/09(土) ワタシへのメッセージ/祈って・引いて・出会う言の葉chaabee/江東区・門前仲町)
04/28(土) ギャラリートーク「今 ここを生きる」同時代ギャラリー/京都・三条)
03/14(水) よわねこ 言の葉ガーデン Vol.2/chaabee/江東区・門前仲町)
02/24(土)

世界に一つのあなたへの詩 Vol.2/(chaabee/江東区・門前仲町)

02/17(土)

髙坂&古屋の「ここだけばなし」~自分を変える死生観~たまにはTSUKIでも眺めましょ/豊島区・池袋)

01/13(土)

音浴ヒーリングパーティー22C Vol.3chaabee/江東区・門前仲町)

◆隔週よわねこ通信◆  ~隔週刊詩と交互にほぼ水曜日に配信~

よわねこ観劇記/ピアフ

有難いお誘いを受け、大竹しのぶさん主演の「ピアフ」観劇の機会を得ました。ところは日比谷、シアタークリエ。エディット・ピアフは、フランスが生み、フランスが最も愛したシャンソンの女王。売春に殺人容疑、交通事故、麻薬中毒に男性遍歴。その人生は激烈でした。「私はまもなく死ぬでしょう。」の言葉ではじまる自伝(『わが愛の讃歌』エディット・ピアフ自伝:中井多津夫訳/晶文社)を読んだのは、1995年の夏でした。12年後の2007年・秋。映画『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』が公開されました。主演のマリオン・コティヤールは、同作で第80回アカデミー賞の主演女優賞を獲得。壮絶なピアフの人生を演じきった彼女の圧巻の演技が、今も忘れられません。時を経て2018年・秋。目の前で観た、大竹さんのピアフは、生きていました。身勝手で寂しがり屋で、チャーミングで下品な女。そしてひとたび歌えば、その声は、聴く者の心を鷲掴みにし、背中に羽根をくれるのです。女優というのは、かくも深く恐ろしく、そして偉大な職業なのかと思い知りながら、ピアフの愛に魅せられた3時間でした。次回は11月21日頃に😊)