◆よわねこ隔週刊詩◆ ~隔週水曜日に配信~

(#07/0613)

 

「夢見るために生まれけむ」

 

花が咲く 花が散る

風にまかせて 葉が揺れる

感じよう ただ 感じよう

すべて わが身に置き換えて

 

※続きはバックナンバーページで・・・

『ふと舞い降りた無色の言の葉』より

(バックナンバーはこちら)

ようこそ詩作家 古屋利幸のオフィシャルサイトへ。   

(本サイトは、古屋のサポートチーム「office YOWANECO」が運営・管理しております)

トピックス 2018

3月

 

 

さだまさしさんのコンサートツアープログラムのクリエイティブ・ディレクターを、今年も担当することになりました。2018年はデビュー45周年のメモリアルイヤー。ファイトします!

 

1月

2017大晦日~2018元旦へ。さだまさしさんのカウントダウンコンサート&「年の初めはさだまさし」(NHK)の取材を担当(^^ゞ。

 

イベント情報 2018

 

08/10(金) トークセッション『生き方ヒント塾』~私の物語を探して~仮称(chaabee/江東区・門前仲町)
06/09(土) ワタシへのメッセージ/祈って・引いて・出会う言の葉(chaabee/江東区・門前仲町)
04/28(土) ギャラリートーク「今 ここを生きる」同時代ギャラリー/京都・三条)
03/14(水) よわねこ 言の葉ガーデン Vol.2/chaabee/江東区・門前仲町)
02/24(土)

世界に一つのあなたへの詩 Vol.2/(chaabee/江東区・門前仲町)

02/17(土)

髙坂&古屋の「ここだけばなし」~自分を変える死生観~たまにはTSUKIでも眺めましょ/豊島区・池袋)

01/13(土)

音浴ヒーリングパーティー22C Vol.3chaabee/江東区・門前仲町)

◆隔週よわねこ通信◆  ~隔週刊詩と交互に水曜日に配信~

よわねこ夢日記。

僕は、毎日(毎晩?)夢をみます。いつか、かないますようにって「心でみる夢」の方ではなくて、眠っている間に「枕の上(ときには外れていますが!?)でみる夢」の方です。物語はいつも大抵複雑で、展開に脈絡もなく、登場人物もバラバラ。目が覚めてから覚えていることが多いので、先日、思い立って、夢日記をつけはじめました。こんなノートを手に入れて。時折、既視感(デジャヴュ)を覚えることがあります。高校生のころ、夢の中でみた「生物学の定期試験のシーン」が実際に起こり、問題が同じでずいぶん驚きました。夢日記をつけるうちに、運がよければデジャヴュの検証がかなうかも、と密かな期待をしています。夢をみる人間の脳は、本当に不思議です。僕はそこで、空を飛んだり、巨大な仏教寺院をバスで訪ねたり、美しい芝の邸宅を散歩したり、ジャズセッションに参加したり、テヘランに旅立つスターのお世話をしていたり、畑の周りでドッジボールに興じたりしています。何かの本で読んだのですが、人は誰でも、睡眠中に夢をみるそうです。ただし、その内容を覚えているかどうかは個人差があるとか。僕も、起床後、時間が経過するほどにその記憶は薄れていきます。夢日記は、起きたらすぐつける。思い立ったらすぐ行動する、になんだか似ていると思いませんか。夢ってやはり、案外、現実とつながっているのかも、なんて。次回は7月4日頃に😊)
0 コメント