◆よわねこ隔週刊詩◆ ~ほぼ隔週水曜日に配信~

(#14/0918)

 

まず許せ 

できたら手放せ

それから捨てよ

それが我が身を解き放つ

 

 

(書き下ろし)

(バックナンバーはこちら)

ようこそ詩作家 古屋利幸のオフィシャルサイトへ。   

(本サイトは、古屋のサポートチーム「office YOWANECO」が運営・管理しております)

トピックス 2018

5月

さだまさしさんのコンサートツアースタート! 会場前ではグッズを一般販売。担当したプログラムをどなたでもご購入いただけます~(^^♪(会場によって異なる場合がございます)

3月

 

 

さだまさしさんのコンサートツアープログラムのクリエイティブ・ディレクターを、今年も担当することになりました。2018年はデビュー45周年のメモリアルイヤー。ファイトします!

 

1月

2017大晦日~2018元旦へ。さだまさしさんのカウントダウンコンサート&「年の初めはさだまさし」(NHK)の取材を担当(^^ゞ。

 

イベント情報 2018

 

08/10(金) トークセッション  いきるのヒント ~達人たちから受け取ったメッセージ~chaabee/江東区・門前仲町)
06/09(土) ワタシへのメッセージ/祈って・引いて・出会う言の葉chaabee/江東区・門前仲町)
04/28(土) ギャラリートーク「今 ここを生きる」同時代ギャラリー/京都・三条)
03/14(水) よわねこ 言の葉ガーデン Vol.2/chaabee/江東区・門前仲町)
02/24(土)

世界に一つのあなたへの詩 Vol.2/(chaabee/江東区・門前仲町)

02/17(土)

髙坂&古屋の「ここだけばなし」~自分を変える死生観~たまにはTSUKIでも眺めましょ/豊島区・池袋)

01/13(土)

音浴ヒーリングパーティー22C Vol.3chaabee/江東区・門前仲町)

◆隔週よわねこ通信◆  ~隔週刊詩と交互にほぼ水曜日に配信~

巡り合えますように。

この世は夢だと、どこかで誰かが言っていました。ならば、彼の地の悲しみも、いつかは醒めると言うのでしょうか。天変地異には容赦なく、因果は無縁でございます。あるのは地球という星の、呼吸のようなあらぶる熱の、放出ばかりでございます。ふわふわとした希望をばらまく、ポジティブ論ではたちゆきませぬ。あるがままを受け入れて、悲しみの肩に寄り添って、涙をそっと分かち合う、そんな時間を重ねつつ、ゆるゆる進むばかりです。彼の地の涙を想像し、我が身の涙に置き換えて、すぐ目の前のその人と、過ごす時間も奇跡と気づき、天を仰いでつつましく、過ごすばかりでございます。願わくは、そんな思いを交わし合う、そんな気持ちを語り合う、その輪といつか合えますように。喜びは噛み締めて、楽しみは持ち寄って、悲しみは分かち合う。そんな輪に巡り合えますように。この世は夢だと、どこかで誰かが言っていました。ならば、この身の不安とて、いつかは安らぐはずでしょう。宇宙という名の広大な、世界に還っていく日には。次回は9月26日頃に😊)