◆よわねこ隔週刊詩◆ ~ほぼ隔週水曜日に配信~

(#09/0710)

 

動いてさ。

汗かいて。

それでいいんだ。

ほめてなんか、

もらえなくたって。

 

『サクラごはん』より

(バックナンバーはこちら)

ようこそ詩作家 古屋利幸のオフィシャルサイトへ。   

(本サイトは、古屋のサポートチーム「office YOWANECO」が運営・管理しております)

トピックス 2018

5月

さだまさしさんのコンサートツアースタート! 会場前ではグッズを一般販売。担当したプログラムをどなたでもご購入いただけます~(^^♪(会場によって異なる場合がございます)

3月

 

 

さだまさしさんのコンサートツアープログラムのクリエイティブ・ディレクターを、今年も担当することになりました。2018年はデビュー45周年のメモリアルイヤー。ファイトします!

 

1月

2017大晦日~2018元旦へ。さだまさしさんのカウントダウンコンサート&「年の初めはさだまさし」(NHK)の取材を担当(^^ゞ。

 

イベント情報 2018

 

08/10(金) トークセッション  いきるのヒント ~達人たちから受け取ったメッセージ~chaabee/江東区・門前仲町)
06/09(土) ワタシへのメッセージ/祈って・引いて・出会う言の葉chaabee/江東区・門前仲町)
04/28(土) ギャラリートーク「今 ここを生きる」同時代ギャラリー/京都・三条)
03/14(水) よわねこ 言の葉ガーデン Vol.2/chaabee/江東区・門前仲町)
02/24(土)

世界に一つのあなたへの詩 Vol.2/(chaabee/江東区・門前仲町)

02/17(土)

髙坂&古屋の「ここだけばなし」~自分を変える死生観~たまにはTSUKIでも眺めましょ/豊島区・池袋)

01/13(土)

音浴ヒーリングパーティー22C Vol.3chaabee/江東区・門前仲町)

◆隔週よわねこ通信◆  ~隔週刊詩と交互にほぼ水曜日に配信~

上を向いて歩こう。

西日本豪雨の爪痕が、今も各地に残っています。この世を去った方々は、きっと安らかな世界から、ご遺族や縁のある方々のこれからを見守ってくれるだろうと思います。僕は家族を亡くすたびにそう思いました。復興に取り組まれている方々の姿を報道で見ながら、日常が戻る日を祈るばかりです。19日に広島に入り、呉市に取材に行く予定でした。3年振りに訪ねるのが楽しみでしたが叶いませんでした。自然の脅威の前では、人間はあまりに無力です。災害に直面すると胸をよぎるのは、「無事」という言葉です。何事もなく過ぎる日常が、どれほど「宝物」であるか。朝起きて、空を見る。雲が流れる。鎮守の森の木々の葉を風が揺らして、遠くに保育園の子供たちの声がする。商店街を走る自転車のベルと、おしゃべりに興じるご近所さんたちの笑い声。暑い暑いと言いながら、得意になったり、迷ったり、落ち込んだりしながら仕事をこなす。そんなドラマティックではない日常が、僕の宝物なのだと知らされます。どうかあなたの毎日が「無事」でありますように。「無事」が戻りますように。画像は、先日の書道教室の課題で仕上げた、鍾馗さんの水墨画です。魔除けに飾られるとか。あなたの穏やかな日常を祈って。次回は8月1日頃に😊)