ほぼ隔週刊詩

隔週のほぼ水曜日にお届け/作品集からご紹介しています(一部 書き下ろし)

(#71/0112)  

   

喜びも悲しみも

本当は外に出たがっている

閉じ込めず感じたままを

そっと口に出してみる

 

カゴの扉をわずかに開けて

飼い馴らされて怯えたままの

羽を虚空に広げてみる

 

傷口から滴る体液をそのままに

不安を受け入れ喜びに逆らわず

思うがままに羽ばたけば

やがて光がその身を照らす

 

そのままで

あるままで

確かめるのだ

光の先に待つものを

 

(『過去鏡』~私を捉え目覚めさせる聖地の光と陰と連なる言の葉~より)

 

(#70/1229)  

   

『出番』

 

いつかが今になり

向風が追風になる

加速した時間が

迷いの霧を晴らし

物語の幕は上がる

 

(書き下ろし)

 

(#69/1217)  

   

まず許し

できたら手放し

ついには越える

捨てるのではなく

越えるのです

自由という名の翼のチカラで

無理解などにめげないで

孤独さえも味方につけて

 

(『世界に一つのあなたへの詩』より)

 

(#68/1202)  

   

男はせっせと精出して、わが子のために働きました。

ある日、その子はあっけなく、車に引かれて死にました。

男は涙が枯れた後、妻の手を取り働きました。

ある日、妻は病に倒れ、そのまま息を引き取りました。

男は心が折れたまま、老母を支えて働きました。

ある日、老母は杖だけ残し、橋から川に身を投げました。

男はそれでも気づかずに、天を仰いで叫びます。

私がなにをしたのでしょうか。

すると一羽のヒヨドリが、男の肩に舞い降りて、

小さくピヨと鳴いたのです。

男はわずかな米粒を、肩の小鳥に差し出しました。

すると男の頭に登り、続けてピヨピヨ鳴いたのです。

見上げれば彼方まで、いつもと少しも変わらない

が続いておりました。

 

(『過去鏡』~私を捉え目覚めさせる聖地の光と陰と連なる言の葉~より)

 

(#67/1117)  

   

走りなさいという者がいて。

休みなさいという者がいる。

愛しなさいという者がいて。

忘れなさいという者がいる。

それは罪だという者がいて。

これが是だという者がいる。

振り子は揺れて生きていて。

振り子はそれでも楽しくて。

 

骨身を削って右左。

命を蹴散らし右左。

他人の為だという者がいて。

自分の為だという者がいる。

振り子は止まることできず。

振り子は悩み苦しみもがき。

 

血を吐きながら右左。

命を投げ遣り右左。

 

ようやく止まったその時は。

振り子は振り子でなくなって。

ただのおもちゃの成れの果て。

見向きもされぬ木切れの兵。

 

(『過去鏡』~私を捉え目覚めさせる聖地の光と陰と連なる言の葉~より)

 

(#66/1104)  

   

標識が見えるかな

茂みに隠れているけれど

君の道はあっちだぜ

ほかの人とは違うんだ

 

標識が見えるかな

少し色あせているけれど

君の道はあっちだぜ

その先で開けているんだ  

 

君のための道なのに

誰かの足跡ばかり探して

 

君のための夢なのに

誰かの物語ばかり読んでいる

 

君の道はあっちだぜ

その先で開けているんだ

 

(『ふと舞い降りた無色の言の葉』より)

 

(#65/1022)  

   

捨ててしまおう

誰もが欲しがるものなどは

歌ってしまおう

悲しみばかりを呼ぶものは

陽はまた昇り風が起き

散った花とて蕾を付ける

耳をすまそう

目を凝らそう

森の声

鳥の影

光の雨を感じたら

体に変化が起きるとき

命の新芽が伸びるとき

高く 高く 宙をめざして

 

(『神記憶』~私を受け止め明日へと導く風と雲と空の道~より)